熊本震災活動4日目

活動も4日目を迎えた18日(月)九州救助犬協会4頭、JKC救助犬3頭が南阿蘇に入り捜索。熊本県警の指揮下のもと、最後の倒壊家屋の安否確認捜索に当り、その後、全頭、南阿蘇の不明者の捜索に入った。協会から、坂本指導士(大分)新久保指導士(宮崎)脇田指導士(宮崎)松尾指導士(福岡)坂本指導士も4日間対策本部に入り、協会及び他団体の応援部隊の調整、振り分け等に奔走し頑張って頂いた。今日まで、協会からは、延べ23頭が被災地に入りました。また、日本レスキュー他、救助犬応援部隊のみなさんにも捜索連携協力を頂きました。感謝します。

この投稿へのコメント

  1. いちご said on 2016年4月19日 at 11:08 PM

    お願いします。靴など足を防護するものを履かせてあげて下さい。本当に本当にお願いします。

  2. 城南G said on 2016年5月3日 at 3:07 PM

    救助犬の靴に関しては、PWJや日本レスキュー協会がHPやブログで見解を出しています。見てみて下さい。