第8回九州救助犬協会訓練競技会の報告

平成24年11月25日(日)、第8回九州救助犬協会訓練競技会が熊本県球磨郡の熊本ドッグ
スクール及び周辺の川辺川河川敷一帯で行われ、日頃の訓練成果を競いました。
今年は、九州北部豪雨による河川の氾濫により競技会会場も大きな被害にあいましたが、
新しい瓦礫のセッティングに平地捜索会場もリニューアルし、今年の競技会を無事に迎える事
ができました。

競技の内容は昨年同様、瓦礫捜索と平地捜索の2科目で、100点満点からの減点方式にて
採点されました。
犬の捜索意欲や執着心、ハンドラーのハンドリングやタイムなどさまざまな点を競います。
タイムは10分以内となっており、その制限時間内に各科目2名ずつを発見しなければなりません。

瓦礫捜索では、ハンドラーはスタートライン上で止まり、犬だけを前進させます。
倒壊家屋の2棟のうち1棟は、斜めになった倒壊家屋の屋根の上から吠えて発見を知らせ
なければならず、建物の横から吠えようとする犬や、時間がかかってしまった犬がいたりと
難しいものでした。
平地捜索では、ハンドラーはスタートラインで犬を放し後ろからついて行き、犬の動きを読み
ながらハンドリングします。その時審査員はハンドラーの後ろからチェックし、審査されます。
平地捜索会場は迷路のように複雑で、2m以上の背丈の草木が生い茂り犬の行く手を阻む
難所で、更にこの日は風があまり吹いておらず、制限時間内に2名とも発見できる犬が
少なかったようです。

AM8:00より開始された競技会はスムーズに進み、全ての犬が審査を終えた後、開会式が行われ
ました。事務局長、開田訓練部長から挨拶の後、年に一度の懇親会(バーベキュー)を行いました。
その後、再度整列し、表彰式が行われました。
表彰式では、瓦礫の部上位3名平地の部上位3名、そして2科目両方において高得点を得た
総合の部上位3名が表彰されました。
今年の総合優勝者は?!そして優勝旗の行方は?。。。

リアンちゃん(佐賀)でした!!
おめでとうございました♪
表彰式後、記念撮影を行い無事に閉会いたしました。

≪フォトギャラリー≫

【瓦礫捜索】

                   発見したよ!!クロス~


     ~見つけたっ!!海王~           ~間違いない!!モカ~


       ~ここにいるよ!!ルパン~               ~足場が悪いから慎重に行くね!シロ~

~発見し、大きな声で知らせるリアン~


           ~僕は準備OKだよ!ヨイショヨイショ。モカ~


            ~私に任せてっ!もう見つけたよ!チャチャ~


              ~うん!分かった!ヨッと、慎重に。アキ~


            ~可愛い子供たちも応援してくれていました☆~

【平地捜索】

                ~難しいけど頑張ってるよ!シロ~


  ~チャチャ行きまーす!~   ~えっとね、あっちだ!デフィー~   ~こっちだよぉ!チャボ~


     ~こんな場所でもなんのその!!トリャーー!クロス~


        ~よぉし!行くぞっ!パパこっちだよ!!マナ~


   ~ここにいたんだね!アポロ~    ~早かったでしょ?!アミー~

【開会式】

  ~東事務局長と開田訓練部長からの挨拶とお話~

~整列~

【表彰式】
~キラキラ輝くトロフィー~


        ~瓦礫の部1席アポロVオキダイラント(大分)S犬100点~


        ~瓦礫の部2席マナVネーべルドルフ(福岡)S犬99点~


                      ~瓦礫の部3席ビリーofオレンジヒル(熊本)L犬98点~


      ~平地の部1席アマンダofワイマエダ(鹿児島)BC犬100点~


    ~平地の部2席コニャックルパンvhユージン(鹿児島)BC犬99点~


         ~平地の部3席アミーVオキダイラント(大分)S犬85点~


総合の部優勝ネルダVネーべルドルフ(佐賀)S犬199点~


     ~総合の部2席ノーティVネーべルドルフ(鹿児島)S犬198点~


        ~総合の部3席カレンVネーべルドルフ(熊本)S犬198点~

 
                  ~お疲れ様でした!~