平成24年度熊本県熊本市総合防災訓練の報告

平成24年5月16日(水)AM9:00より、熊本県熊本市総合防災訓練が白川河川
敷で行われ、事務局長、野中訓練部長、指導士5名+サポーター2名、救助犬
5頭(もみじ号、クロス号、プリン号、海王号、アストン号)が参加しました。

今年は、会場が小島白川河川敷と河内地区の2ヶ所に分かれて行われました。

熊本市は政令都市になった事で、今回初めての試みがありました。
地震により、有明海、八代海に津波警報が発令されたという設定のもと、
小島白川河川敷では各団体による防災訓練を行い、
河内地区(港町)では地域住民の高台への避難訓練が行われ、
その避難状況が小島白川河川敷に映像とアナウンスにより報告されながら
同時進行するという内容のものでした。
また、”高度特別救助隊”が結成されており、救助隊による訓練が行われました。
高度特別救助隊とは、県内の消防局の中からより優れた才能を持つ方を集めら
れた7名のハイパーチームの事です。素晴らしい訓練でした。

この2つが今回初めての試みで、例年にプラスされた訓練項目でした。

当協会は、倒壊家屋の捜索と埋没車両の捜索訓練に参加しました。
倒壊家屋捜索ではクロス号、埋没車両捜索ではプリン号が捜索にあたりました。

  ~開会式での幸山市長の挨拶~
 
 
                ~開会式での整列の様子~

~地震発生に対する身の安全確保~

~河内地区(港町)での地域住民の
                             高台への避難状況の映像~

 
~津波の影響による河川の氾濫に備え、自治防災による土のう積みと、 
                                  高台への避難~

 
   ~自衛隊による中洲に          ~警察と自衛隊による道路や
       取り残された人命救助~           家屋等の状況確認~


        ~倒壊家屋の捜索をするクロス号~


   ~埋没車両の捜索で要救助者を発見!プリン号~



     ~報告をする指導士2名とクロス号・プリン号~

 
~救助犬の発見場所からの救出~ ~家屋からの火災発生に対する住民
                        によるバケツリレーにての消火訓練~

~高度特別救助隊~

 
~高度特別救助隊によるがれきからの人命救助、
                  自衛隊による倒壊家屋からの人命救助~

 
          ~ビルの屋上に取り残された人命救助~ 
  
 
  ~はしご車による消火活動~          ~トリアージ~


              ~Dr.ヘリによる負傷者の搬送~

他にも通信、水道、電気等、3部に分かれ3時間に渡り訓練等があり、
閉会式をもってPM12:00に終了しました。


                 ~お疲れ様でした!!~

          

                            報告は、マックスさんより
                       画像提供は、岡橋さんとマックスさんより

この投稿へのコメント

  1. oakley sunglasses outlet said on 2015年9月27日 at 2:43 AM

    Saved as a favorite, І like your web site!

  2. Cheap Oakley Sunglasses said on 2015年10月12日 at 4:38 PM

    Saved as a favorite, І like your web site!