大分県総合防災訓練の報告

平成26年8月30日(土)午前9時より、大分県総合防災訓練が大分銀行ドームを主会場に行われた。協会から東事務局と指導士5名(坂本指導士・光橋指導士・笠原指導士・河野指導士・永渕指導士)救助犬5頭が参加した。10時30分の救出救助訓練に参加。被災地の状況偵察隊(オフロードバイク)の後、倒壊家屋の捜索に坂本指導士を指揮者に、笠原・河野・永渕指導士が捜索を行った。救助犬が不明者を発見し指導士に吠えて知らせるアラード行動をとったあと、要救助者の救出を自衛隊と県警に引き継ぎ訓練を終えた。また、救助犬とのふれあいも人気であった。