全労済防災カフェ熊本市弓削校区のイベント報告

平成24年10月14日(日)、熊本県の弓削小学校で『全労済 防災カフェ熊本市弓削校区』が
行われ、当協会から東事務局長、野中訓練部長、指導士5名、サポーター3名、救助犬5頭
(もみじ・クロス・プリン・チェイサー・アルプ)が参加しました。

開会式がPM13:00より行われ、各ブースの紹介や全労済のコーナー紹介がありました。
その後PM14時50分~PM15時20分まで当協会の活動説明(12分)や服従訓練の実演(5分)、
BOXを使った捜索のデモンストレーション(13分)等を行いました。
服従訓練の実演は、野中訓練部長ともみじが行い、BOXを使った捜索のデモンストレーションを、
プリン、クロス、チェイサー、アルプが披露しました。
皆さん一生懸命聞き入っておられ、発見時には拍手を頂き、救助犬も得意げな表情をしていました。
また、BOXに入り仮被災者の体験をした子供達は、怖かったけど良い経験が出来たと笑顔で応えて
くれました。

参加者は地域の皆さんと児童、保護者で総勢200名ぐらいでもっと呼びかけが必要と感じました。
しかし今回参加してくださった方々は、救助犬を初めて見て良い体験が出来たと言われ、寄付をして
くださいました。
ありがとうございました。

他のブースでは消防署による、はしご車、起震車、煙体験の体験などがあっていました。

今回のイベントは曇りで、犬にとっては過ごしやすい一日となりました。

《フォトギャラリー》

~協会のパネル展示~


         ~開会式の様子~              ~野中訓練部長ともみじによる服従~